【執着の手放し】我が子のエーテルコードカット(縁切り)できますか?

スピリチュアル
◆この記事に書いてあること◆

1. 子供がいじめられたら?
2. エーテルコードを切る(縁切りする)ワケ
3. 我が子とのエーテルコードカット
4. エーテルコードカットその後
5. まとめ

1. 子供がいじめられたら?

自分の子供って可愛いですよね。

手間がかかるし、心配事もちょいちょい出てきたりするけれど、我が子の可愛さというのは全てのものに勝ります。

健やかに、元気よく、出来れば何の問題もなく育って欲しい。

それが大概の親たちの心からの願いだと思います。うん。

 

でもね。いや~。そうはカンタンにないかないんですよね。我が子も人間だもの。

これがさ、色々ある。いざこざがある。

我が子はお友達との関わり方がちょっと下手で、凄く信頼のできる子(=意地悪なことをしない子)と一対一とかなら大丈夫なんだけど、複数の子と同時に交わると上手くいかないようなのです。

これも何らかの学びの一環、そしてもともとその感情を味わう為に地球に転生していると考えれば、納得すべきことでしょうが……。

人の子ならばそういう考え方も出来ますが、これが我が子となるとそうも冷静でいることはできないもの。

 

我が子に何かあれば、親は自分が辛い目に遭うよりも数倍のダメージをくらいます。

我が子の辛そうな様子を見れば、身を切られるような苦しみを感じるでしょう。

その心の痛みに寄り添って、その苦しみをせめて少しでも共有してやわらげてあげたい。

我が子がいじめられたら、どうしてもその心情に同調してしまう。

愛する人、大切な人には、心を沿わせてしまうのが人間ですよね。

しかしながら、それが状況の好転を妨げているかもしれないとしたら、どうでしょう?

 

2. エーテルコードを切る(縁切りする)ワケ

エーテルコード。

人間と人間をつなぐエネルギーコード。日本語で言えば「ご縁」といった感じ。

なので、カット、という言葉が付くと、日本語的には「縁切り」という感じ?なのでちょっとネガティブなイメージ。

嫌だなあ、苦手だなあ、という人に対してはさっさと大天使ミカエルのエーテルコードカットをしてスッキリしよう!!という気持ちにもなりますが、これを身近な大切な人にやるとしたらどうでしょう。

身近な人を「縁切り」とか意味がわかりませんよね。

でもね、スピリチュアリストのakikoさんが、「家族とか身近な人ほどバンバンエーテルコードカットしちゃう」と言っていて「え~っ」って。

私なりの解釈ですが、つまりは、身近な人ほどエンパシーが働いてしまってその人の感情にシンクロしてしまい、自分の中心から外れて “他人軸” になってしまうってことかなと。

自分軸から外れてしまうとブロック解除も上手くいかなくなるし、他人の波動が重いものだった場合にそれに引っ張られて自分の波動が下がってしまう。

創造主である自分の波動が下がってしまうと、結局は周りの大切な人の世界もネガティブなものになってしまう。

ということかと。

なるほどなるほど。う~ん。それは、じゃあやるしかないかな?

 

3. 我が子とのエーテルコードカット

実際我が子とのエーテルコードカットをしようと決断する日はやってきました。

我が子が学校でお友達とのトラブルがあり(ほんとちょいちょいあります)、その様子見をしていたのですが、これがまためちゃくちゃ苦しい。

何とか自分を落ち着ける方向へ持っていきたくて瞑想やワークなどをしても、みぞおちのあたりに鉛が入っているような重さ。そして息苦しさ。

ちっとも安定できない。きっと波動はがく~っと落ちているはず。

ああああああ。

子供が家に帰って来た時の暗い瞳、自分で何とか元気を出そうと大好きなぬいぐるみを両脇に引き寄せて座る姿、甘えて身を寄せた後にじっと何かを考えているような沈黙。

そんな姿から、毎日学校でどんな目に遭っているのか、どんなにか寂しく辛い気持ちなのだろう、ということを考えるともう止め処もなくネガティブな気持ちでいっぱいに。

もう、子供の心情にシンクロするなと言われても 無理っ!

この状態の我が子とエーテルコードカットするというのは、切り捨てて見捨てるような、自分だけが楽になりたいだけみたいな、無責任で非情な感じが。

そして強烈な罪悪感。重くて、苦しくて。

それは、これはこうだからこうすべき、というような割り切れるものではなく。

 

「助けてください!」と、信頼しているスピ系の人たちの動画を改めて何本も観まくる。

本当にやっても大丈夫なのか、それをする私は非情ではないのか、自分本位の最低な親ではないのか。

 

しかし。現実的な方面から考え直してみました。

打ちひしがれて折れそうになっている子供を受け止めてあげる親の方がぐらぐらと揺れていたとしたらどうでしょう。

苦しみで押しつぶされそうな我が子に接した時に、親の方が輪をかけて心配そうな不安気な様子でいたらどうでしょうか。

子供は安心して寄りかかることは出来ないですよね。つうか、自分の苦しみを最早外に出すこともできない。

子供って本当に健気ですからね。親の辛そうな気配を敏感に感じ取って自分は黙ってしまう。

だから、親が 安定 して、ゆったりとして、しっかりと揺るがずに包み込んであげられたら、きっと子供は家では完全に守られた状態になれるんですよね。

うん。

やっぱり自分をしっかりケアしてあげないと守れるものも守れない!

 

【世界は自分が創っている】現実を変える創造主は自分?~波動がキーワード~
この世界は私が創っている! 創造主は私であ~る! えっ……。ちょっ……。 セリフだけ聞くと何だか危ない奴、ですね。 しかしスピ好きの人ならかなり聞きなれているセリフだと思います。 “この世界は幻想” で “創造主は自分...

 

エーテルコードカットは大天使ミカエルにお願いします。

特に良くはわからないんですが、大天使ミカエル=エーテルコードカットというのは有名ですし。

しかししかし、ためらいの気持ちはまだまだあって、罪悪感でみぞおちがぐ~っと重く。

私にはミカエルが持っているのは剣というよりは、まばゆく光る大鎌のようなイメージがあるのですが、それでバスッ!とやってもらいます。

でも、その光の大鎌の先には我が子がいます。

なかなか罪悪感は消せず、胸苦しさは離れていきません。

やはりこれをやることによって、自分が我が子を見捨ててしまうような苦しさを感じてしまう。

深呼吸をして、胸の奥にある重い塊を何度も吐き出しながら(これにはセントジャーメインの紫の炎などを使わせてもらったりするのですが)何度も何度もコードカットを繰り返します。

胸苦しさが完全に収まることはないんだけどね。どうしたって無意識にまた繋がろうとしちゃうからね。

それに、これだけ想いが強い相手に対して、ちょこちょこやったところで完全には切れないだろうと思います。

だから何度も、何度でもやる必要があるかと。

 

4. エーテルコードカットその後

結果ですが、何度も繰り返した後に急にフッとみぞおちの重さが楽になりました。

あまりにも突然だったので、自分でも良くわかりません。

自分でも「えっ?」と思うくらい気分が軽くなって、凄くほっとしました。

その後しばらく何事もなかったかのように気持ちは軽いままでした。

しかし。数時間後に再び突然ズドン!とみぞおちの重さが帰ってきまして💦

これも突然だったので、なぜかは良くわかりません。

改めてエーテルコードカットを繰り返しますが、みぞおちの奥にある “芯” のような引っ掛かりが残ったままでした。

ふう~💦 やはり、我が子とのエーテルコードカットはなかなかに難しいものですね。

一筋縄ではいかないな~、というのが今回やってみての実感ですね。

 

5. まとめ

罪悪感やら何やらの苦しい気持ちとの闘いは避けられませんね。

何度も、何回も、という地道な方法しか今のところ思いつきません。

ブロック解除(手放し)を掛け合わせながらやっていくのも手かもしれないと思います。

例)私は人の哀しみを手離します

例)私は人の寂しさを手離します

うっ!ハアハア(*´Д`)

ちょっと書いてるだけで苦しく……。ダメじゃん!

 

こまめにブロック解除などをしながら、とにかく自分を楽にしていくことですね。

とにかく、とにかく、自分を楽にするのが最優先。

自分を楽にすること=我が子を楽にすること

いろいろな感情に押しつぶされそうになったら、これ(↑)をしっかりと心に置いて。

もう少し良いやり方が出来るようになったらまた書いてみます!

 

↓今回 akiko さんが、今の私に必要なお話をしていたのを発見!タイムリー!

【波動を整える】自分の波動は家族やまわりにダイレクトに影響する。波動整えると問題は解決しいい方向に流れる。

【波動を整える】自分の波動は家族やまわりにダイレクトに影響する。波動整えると問題は解決しいい方向に流れる。

 

【執着の手離し】お友達ができない ~いじめぼっちからの脱却~
子供の学校でのいじめとぼっち…。心を痛めていましたがその状況が劇的に変化しました。自分でもびっくりするような出来事だったので備忘録がてら書いてみます。

 

コメント