【スピリチュアル】龍雲と彩雲 ~龍雲を見る意味~

スピリチュアル

龍雲ってご覧になったことありますか?

まあ。ええ。結局は雲が龍っぽい形をしているということなんですが。

思い込みと言われたらそれまでですが、雲が “龍のかたち” に見えるということもそうそうないと思うのです。

 

昨年の暮れも押し迫った朝。

外を歩いていてふと空を見ると、何だかやたらに細い雲が目につきます。

飛行機雲も含めなわけですが、ちょっと不思議な感じがしました。

写真撮っとこう!

空がきれいだわ~あの人に送っちゃおう!っていうようなロマンチックな人っぽくてちょっと恥ずかしい。

でも、気になるので撮っておこう。

それが↓。

 

 

ちょろちょろっとして蛇みたいで可愛い。

飛行機雲の崩れた感じと言われたらそうも見えますが、何か可愛くてほんわかした気持ちになったので、これで良し!

 

 

しかし、その後用事が終わって家に帰る道すがらに下の雲を発見して「おおっ!」と。

 

もろ龍の頭っぽくないですか?

しかも3、4頭の龍がこちらに向かって降りて来るような感じです。

実際見た時には息を呑むような迫力で。

何だか神々しい!

この龍雲はなかなか風に形を変えることもせず、しばらく上空にその姿を留めていました。

 

今までも日常的なワークの中に龍神さまを思い浮かべることはありました。

仕事運とか、家運とかを上げてくださいって感じですね。

昇り龍とか良く言うじゃないですか。

イメージ的に何だか運気が上がりそうな。

あと龍は水の神様ですよね(日本では蛇神信仰がもとでしたが。神社の御手水のところには必ず龍がいます)。

風火水土 の中でも私は一番水が好きで、超能力的力が持てるなら「水使い」になりたいわ~って思ってました。

日本は水が豊富な国ですし、日本の形は龍に似ているとも言われます。

水は命そのもの、人間も60%から70%が水で出来ているわけですし、水は凄いというのは自分の中でも常にあったわけです。

でも実は、私は龍神さまのことは今まであまり良く知らなかったんですよね。

 

龍神の背に乗る

そこでちょっと調べてみると、龍神さまについてはいろんな人がいろんな風に言及されているんですね。

スピ系の動画も結構上がってるし(なんか怪しい感じのもあるけど)。

その中の一人に 斎藤一人さん のお名前が。

龍神=斎藤一人 くらいの感じでしたね。

この方は龍神さまのご加護を受けているというか、龍神さま?なの?かな。

とにかく大成功されている方で、納税額が凄い(=お金を儲けてらっしゃる)とか。

ご著書がとにかくたくさんあり過ぎて、簡単に読めそうなものから読んでみましたが

まだまだ良くはわかりません。(お弟子さんが書かれているご著書がかなり多いのですが)

ご本人が「俺は龍神だ!」とか言ってるわけではないので事実はわかりませんが(もしご本人がそう言ってたらそれはそれでアレですが)。

 

斎藤一人さん個人にはそこまで興味はないのですが、ただひとついいなと思ったのは、龍神という 自然霊との関わりは現実世界を実質的に良くすること だなということ。

美しく生きることが大事。

家をきれいに。

自分をきれいに。

言葉をきれいに。

思考をきれいに。

精神、物質ともに “風通しが良い” 生活。

 

グラウンディングにも有効ですよね。

現実生活にしっかりと適合していく考え方ですから。

 

とはいえ、人間の自然な欲望に罪悪感を感じる必要はなく、とにかく

明るく、軽く、楽しく。

※「軽く」は軽率という意味ではないですよ。波動の軽さとでもいいましょうか。

 

一神教の固くて攻撃的かつ排他的な考えにうんざりな私からすると、八百万(やおよろず)的な、自然の全てに神が宿っているという日本的な自然霊信仰がしっくりくるといいますか。

信じるも信じないも楽しくやれればどうでもいいというか(←私の持論ですが)。

気楽で。

風の時代にふさわしい自由感。

 

【風の時代の到来】12月22日。世界はどう変わるのか【スピリチュアル】
  2020年12月22日。   とうとう「風の時代」に突入しました。   今までは「地の時代」で、それがかなりの長期間   (およそ220年間(240年間とも)。江戸時代真っ只中)続いていたのが、   2020年12月2...

 

そうすると、龍神に好かれちゃって、龍神の背に乗ることができるらしいのです。

龍神の背に乗ると人間の想像の範疇を超えたスピード感で、どんどんと人生が上昇していくと。

仕事運が爆上がり、お金はじゃんじゃん入って来る。

これだけ書くとめっちゃ人間の欲望丸出しになりますが、美しい生き方をする人にはそういう幸運が舞い込むのは必然なのかもしれません。

美しいものにはみな惹きつけられるものですからね。

 

[追記] 斎藤一人さんの周りの人がかなり斎藤一人さんを絡めたご著書を出しているのですが、その内容が、もんっっっの凄い “斎藤一人、礼賛!!” という感じなのでそれはそれでどうかな~…という気持ちも。ちょっと宗教色を感じてしまうというか。まあ人それはそれで人それぞれ、楽しければいいっちゃいいのかもしれませんがね。

 

 

彩雲を見る

2021年も終わりになろうとする数日前。

外出をしている時に不思議な雲を見ました。

太陽の光を受けて虹色になっているのです。

まあ~……。これが本当にきれいで。

写真では肉眼で見たようにはきれいには撮りきれなかったのですが、こんな感じ↓でした。

本当に神秘的でしたね。

調べてみたら、これは “彩雲” というのだそうです。

瑞兆(良い事が起こる前兆)と言われ、

・天に祝福されている(とってもいい事があるよ)

・天からあなたの存在が肯定されている(順調だよ、頑張ってるね)

・人生の転換期(思いもよらない変化があるよ)

・今までの悪いサイクルを打ち砕ける(状況は好転するよ)

という意味もあるそうです。

何だか心が、心地よく空にスーッと抜けて行くような気持ちになりました。

それから、温かさ。

虹色って神々しさと共に、ほんわかとした温度感があるんですよね。

そして彩雲は、龍神の姿だとも言われています。

龍神の出す波動が虹色の光となって雲に反映するのだとも。

見せてもらえたのだという感覚で、しあわせを感じました。

龍神さまはポジティブで向上心のある人が大好きだということですので、これを見た時の私の波動が良かったのかもしれませんね。

さて、今年の私のテーマは 人事を尽くして天命を待つ ですので、行動を起こして龍神の背に乗れるように楽しんでいこうと思います。

 

 

 

コメント