シークレットモードとは。

Web用語

シークレットモードとはブラウザのGoogle Chromeが持つ機能のひとつで、自分の検索履歴やダウンロード履歴が残らないようにできる機能のことです。つまり、Webサイトを閲覧後に自動的に履歴を削除、入力した個人情報などもCookieに残らないようにしてくれるのです。(Internet Explorerでは「In Privateブラウズ」、FireFoxでは「プライベートブラウジング」、Safariでは「プライベートブラウズモード」など、呼び方はそれぞれですが他ブラウザでも同じ機能があります。)

 

どんな時に使うのか

家庭や学校、会社などで共有のPCを使用する時に使用する人が多いと思います。こっそり調べものをしたい、内緒でプレゼントの買い物をしたい、部外秘のプロジェクトの調べものがしたいなど。ショッピングでクレジットカード番号などの個人情報を残したくないといった場合にも。プライバシーやセキュリティの問題などを考えると非常に便利な機能です。シークレットモードは通常モードでブラウザを立ち上げた時と同じ作業ができます※ただし普段自動ログインで入っているWebサイトには手動でログインする必要があります。

自分の閲覧履歴が残らないことによって、 “真実のランキング” が見られるという点でも重宝します。Webブラウザでは自分が検索・閲覧したりした結果によってランキングがカスタマイズされています。自分が興味を持ってよく見るページが検索上位にきたり、バナー広告などに関しても最近検索したものやそれに関連したものが表示されるようになります。つまり、ランキングなどは“自分仕様”になってしまっているので純粋な上位ランキングではないのです。これはユーザビリティを追及した『パーソナライズ機能』が働いているためです。シークレットモード下ではこの機能が働かないため、真実のランキングを知ることができるのです。まっさらな状態の上位競合サイトを研究することなどによって自分のサイトを見直したりとSEO的な使い方もできます。

※シークレットモードはブラウザに履歴は残りませんが、インターネットに匿名でアクセスできるという意味ではありません。雇用主、インターネットサービスプロバイダ、訪問彩のWebサイトに閲覧内容が知られる場合もあります。ダウンロードしたファイルやブックマークも残ります。

Google Chromeのシークレットモード/ショートカットキー Ctrl+Shift+N

以上です♪

コメント